ガーデンロイ

マリアのご案内

名前の由来

地域小規模児童施設マリア外観

イエス・キリストをお産みになったマリアから命名しました。 大切なものをはぐくむ女性に成長するようにとの願いを込めて命名されました。
また、いまマリアで生活している子どもたちは枚岡カトリック幼稚園の園児または卒園児です。 毎年12月、枚岡カトリック幼稚園では、子どもたちが聖劇を発表します。 イエス・キリストの降誕劇です。主役は参加児童全員ですが、その中でも、マリアは多くの注目を浴びます。 劇のマリアのように地域小規模児童養護施設マリアで生活する子どもたちが、 皆から見守られ、子どもたちそれぞれの人生の主役であってほしいという願いも込められています。

 

マリアについて

開所式

2017年8月14日、日本基督教団神戸イエス団教会の上内鏡子牧師の司式のもとマリアの開所式を行いました。 ここで生活する小学生、幼稚園児6名はもちろん、マリア担当職員、嘱託医、施設長が出席しました。
マリアは上四条小学校まで徒歩3分、瓢箪山駅、ガーデンロイまでそれぞれ15分の好立地にあります。 広さは128㎡の7SLDKで、建物は木造三階建てです。 築四十年以上経っていますが、四十センチ以上の太さの梁が入っていて躯体はいたって堅牢です。 内部も改装し新築のようにピカピカです。小学生以上は個室、幼稚園児は三人部屋です。でも、幼稚園児も小学生になれば個室になります。

子ども部屋

 今年度のマリアの目標は「つながる」「よりどころ」「わたしを大切にする」「子どもの最善を守る」です。 この目標をもとに子ども一人ひとりの課題を職員と話し合い日常生活の中でチャレンジしています。 今までは施設という広い敷地の中で生活していましたが、これからは、隣近所の人たちとのお付き合いを通して、 多くを学んでいくことができればと願っています。

 

※地域小規模児童養護施設とは「地域の中の住宅地などに新たな小規模な施設を設置し、近隣住民との適切な関係を保持しつつ、 家庭的な環境の中で生活体験を積むことにより、入所している子どもの社会的自立が促進されるよう」設置されるものです。(厚生労働省通知)

※ガーデンロイの定員は、本体24名、マリア6名の合計30名です。