ガーデンエルの基本と理念

ガーデンエルの理念

「社会、地域、家庭とつながり、生き生きと主体的に生きる人を育てる」

ガーデンエルの基本方針

  • 法人創始者、賀川豊彦の貧しい人々を助けたキリスト教精神を引き継ぐ。
  • 社会、組織、人とのつながりを大切にする。
  • 子どものこころの傷を手当てし、自尊感情を育む。
  • 成長する子どもの力を信頼し、それぞれの個性を尊重して養育にあたる。
  • 養育の連続性を大切にする。

ガーデンエルが大切にしていること(子ども達も含めたエルのスローガン)

  • 安心安全な環境で暮らす。
  • 基本的生活習慣を身につける。
  • 様々な生活体験を通して生活スキルを身につける。
  • 大人と子ども、大人同士、子ども同士、すべての信頼関係を大切にする。
  • 暴言暴力を使わず、優しい言葉や行いを心がける。
  • 互いの違いを認め合い、尊重し合う。

ガーデンエルの実践

  • 定員30名を小さなホームに分割した小舎制であること。併せて5つのホームが集い、職員も各ホームに分かれ、それぞれが家庭的な一単位として、生活が展開されます。
  • 小ホームのもと、子どもには個別担当職員を配置する。個別の時間を可能な限り多く取り、愛着関係の修復に努めるものとする。
  • ガーデンエルとしての全体行事、運動会等は行わない。施設生活より家庭生活を志向するためである。例えば、月1回の合同誕生会ではなく、各ホームが、そして個別担当者が、その子に合わせた誕生日の祝い方をする。
  • 家庭的雰囲気を環境面からも常に構築していく事。建築にあたっては、暖かみのある完全木造住宅とした。また、各ホームは独立して生活できる構造である。施設内に大きな遊具を揃えるのではなく、地域の児童遊園に行くようにする等々。
  • 呼名は、「先生」や役職名では行わない。
  • ガーデン ロイとガーデン エル、ファミリーホーム ハンナは一体化した運営を行う。
  • ファミリーホームの設立等、より家庭的な形態を目指し、常に改善していくこと。
  • 以後も、迷った時は「家庭でなら、どうするか」を合言葉に、ガーデンエルでの生活全てを営んでいくこと。